スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←Little loversあとがき →お知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【Little loversあとがき】へ
  • 【お知らせ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

拍手御礼

拍手お礼

 ←Little loversあとがき →お知らせ
こんばんはo(^▽^)o

月をまたいでアップしてきた長編、Little loversが終わりまして力が抜けてる管理人です。
連載中は沢山の拍手やコメントで励まされ、ラストまでたどり着く事が出来ました。ありがとうございます。

続いて拍手コメントへのお返事です。
ブログ上のコメント欄へは昨日お返事をアップしておきましたので、申し訳ありませんが今回は拍手コメントへのお返事のみとさせていただきます。

>寅三吉。様
拙作「世界の終わりは君と一緒に」へいただいたコメントへのお返事です(笑)
はい、「世界の終わりは君と一緒に」はじめの表題はこれでしたよ。
なんで世界の終わりとあちらの世界の住人である巨匠マエストロが妄想で結びついたかは我ながら分かりません。
当ブログで「も」ミョンファン先生「も」そっち系の皆様におモテになるんですよ。
欧州で美麗な東洋人男性がロック・オンされてしまうらしい…と言う話は寅三吉。様もブログで書かれてましたよね?相方に聞いた話だと、いわゆる男同士が…(以下自粛)のアダルトビデオにゴツい西洋人男性×東洋人男性・東洋人の少年(ほとんど犯罪?)というパターンがあるそうです。
三浦春馬君みたいな綺麗な男性は当然「獲物」に見えるらしく(リトルが狙われるのは当然・笑)、落ち着いた雰囲気の大人の男性もエキゾチックに見えるのか大変に興味深い存在のようです。
寅三吉。様のブログで「リトル・ゴヌの災難」(表題がちがう…笑)拝読させていただきましたよ。
しかし…流石マエストロ。大事な弟子を人身御供に差し出すのになーんの躊躇もなかったですね(ニヤニヤ)
ノンケには絶対手を出さない、なんて言いながら会えばソフトタッチぐらいはして、ビクつく「白皙の美青年」を弄り倒してそうなオジサン(失礼!)の緩んだ口元が思い浮かぶわ~(^^;;
カン・マエに対しては、「別の意味で征服欲をかきたてられる」ようにも思えますが。
Little~へのツッコミもお待ちしてま~す。

>奈保子様
Little~(15)にいただいたコメントへのお返事です。
時々少年に戻ってしまうトヤマ…というご指摘。書いている方は特に意識はしていなかったのですが、なるほどトヤマのパーソナリティってそうだなーと読み返してみて思いました。
心の屈託がトヤマを成長させてないアンバランスなところを作り出してるのかもしれないですね。
冒頭のチェスキークルムロフの画像は、ネットから拾ってきたものなので、朝なのかな…?分かりませんが、そんな感じもしますね。
味気ない文明を拒んだまま、今に残る中世の街並み、、私も行ってみたいです。

>ピンキー様
The end of The worldにいただいたコメントへのお返事です。
冒頭のミョンファン先生の言葉に驚かれましたか(笑)
そうですよね~世界の終わりと同性愛は結びつかないですよね。
ミョンファン先生、結構ビクつきながら言い出してる感じですから(爆)
「言っとかなきゃマズいが、非常に言いづらい」オーラ満載で。
いつもの口下手マエストロVS口では負けぬお調子モノ のミョンファン先生押せ押せの気配はないです。
ミョンファン先生ねえ~華奢な体格と愛嬌のあるお顔立ち、それに気さくな雰囲気はロック・オンされても不思議ではありません。
カン・マエ「も」ですが、また違うバイタリティをかきたてられるのではないでしょうかね~
あんなんが堕ちて、腕の中…(またまた自粛・ごめんなさい)たまんないんだろうな~
あ、たぶん私はカン・マエ「も」ネコちゃんだと思います。そんな事には絶対なんないけどね。
「ルミがいれば何もいらない」
そうなんです!カン・マエは「ルミちゃん中毒」ですから。
理由なしに抱く感情を抱く事は、彼にとったら一番むつかしい事、それを自然とさせてしまう我らがプリンセス・ルミはすごいです。
彼女の存在感が彼の幸せそのものなんですよね。

Little~にいただいたコメントへのお返事です。
バイオレットの出産のシーン、夫人の気持ちになって感動してくださったとのこと。本当にありがとうございます。
あとがきにも書きましたが、すべてが想像だったのでリアリティは元から無理と諦めてました。
せめて矛盾だけは出さないようにと心してましたので、そんな嬉しいお言葉をいただけるのは有難いです。
そして!お話全体の中でもカン・マエ×ルミは最強の存在感でしたね。
書いている分量じたいは少ないのですが。
カン・マエの口には出さずともだだ漏れの、ルミへの偏愛ぶりはタダならぬ熱さがあります。

ピンキー様は
マエストロにも、「帰らないで私の傍にずっといろ…」と素直に口にして欲しかったとのこと。
流れに乗っかってついでに言わせてしまえ~とならないところが、我らがマエストロです。
用心深くて感情に流されるのを怖れるカン・マエは思っても口にはしないでしょうね。
そこがまた、いいんですけれど(笑)

「綺麗な大人のラブストーリー」とのお言葉…最高のギフトです。
ピンキー様には毎回コメントをいただき、励まされました。
心より感謝を申し上げます。

>みどりん様

優しいいたわりのお言葉ありがとうございます。
誰かが死ぬんじゃないかとドキドキされましたか。そうですよね(苦笑)
誰も死なないでよかったデス。とのコメントに管理人はニヤニヤしてしまいましたよ。
原則平和主義の私、あんな物騒な話の区切り方したのは二回目?ぐらいですから(^^;;
自分は犬派だけれど、いつかネコちゃんも飼ってみたくなりました。とおっしゃっていただき、嬉しいです。
物語の中で生きていたネコちゃんを、可愛らしく感じてくださったのかな?と思えたましたので。(^ ^)





次作は短編になる予定です。
どうも、カン・マエの元彼女が絡むストーリーが浮かんだまま消えてくれないのでまずいなあ~と自省しております。
だって…パラレルのあとに、またカンルミじゃない話だとね~(汗)
目処がついたら、ご報告しますので 宜しかったら読みにいらして下さいね。


台風が次々と来るこの頃、気温の変化に体調を崩される方もいらっしゃるようです。
読者の皆様も、どうぞ健康管理に気をつけて秋の連休を楽しんで下さいね。


感謝と敬愛を込めて。

管理人・チップより。
スポンサーサイト


  • 【Little loversあとがき】へ
  • 【お知らせ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Little loversあとがき】へ
  • 【お知らせ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。